伴奏者

今年も中学校の合唱コンクールと小学校の音楽会での伴奏者が決まりました。

この教室からも7名の生徒さんが伴奏者として 大きな舞台に立ちます。

普段の練習に加えて伴奏曲の練習は本当に大変だったと思いますが、みんな頑張って乗り越えてくれました。

本番まで まだ日にちがあるので これから本格的に歌と合わせていく事になりますが、ここからが伴奏者としてのお勉強の始まりです。

一人で弾く時は ミスをしたら弾き直しする事が出来ますが 伴奏の場合にそれは出来ません。

歌はどんどん進んで行きますから ミスした事は忘れて 次を弾く!これが最初は なかな上手くいかないようです。

例えば少しミスしてしまったとしても そこで止まらずに 次へ次へと進んでいく歌を聴きながら伴奏するという事を体感出来るのが(伴奏者としての)一番大事な経験だと私は思っています。

伴奏者に選ばれた生徒さん達が この経験をしっかり自分のものとして身に付け 本番当日立派に演奏してくれる事を願っています。