合唱コンクール&グループレッスン

①今月は2つの中学校の合唱コンクールを聴きに行きました。

それぞれの学校でこのお教室の生徒さんが伴奏者を務めていて、大きな舞台でしっかり演奏してくれました。

来年は もっとたくさんの生徒さんが伴奏者や指揮者として活躍してくれると嬉しいです!

②11月14日にグループレッスンを行いました。

今回は11:00~大人アンサンブル 14:00~リトミック&ソルフェージュの順でした。

大人アンサンブルでは、先月に引き続き「クリスマスメドレー」と「主よ人の望みの喜びよ」をレッスンした後に 金沢先生から、次回(12月20日)のレッスン時に このアンサンブルをリトミック&ソルフェージュの生徒さんに聴かせて頂きたいという提案がありました。

これには 大人の方々もビックリ!!でも快く承諾頂いて 先日行った補講の際に 本番(12月20日)の前に、もう一度練習するお約束もしました。レッスンの成果を聴いて頂く機会は、少しでも多い方が良いと思いますが 大人の方々は奥ゆかしいのか どちらかというと消極的だったので この提案はとても良い事だと思いました。

この後の楽典は音程についてでした。先ほどレッスンした「人の望みの喜びよ」のスラーの弾き方にも応用出来るこのお話は これからたくさん役に立ちますね。

午後からはリトミック&ソルフェージュのグループレッスンです。

こちらのクラスは、3月の発表会で演奏する曲を 金沢先生が選んで下さった4曲の中から みんなの挙手で決めました。まだ ピアノを習い始めたばかりの生徒さんもいらっしゃいますが 気持ちはとっても前向き!!ソロ曲とアンサンブル曲と練習は倍になりますが 本番を終えた時の達成感は何倍にもなりますね。

いつものようにお返事をしたり 音階を弾いたり(今回はハ長調に加えてト長調も)リズムカードを使ったり 和音の聴き比べをした後 クリスマスにちなんで「ジングルベル」をハンドベルで練習しました。この曲は 大人の方々が演奏して下さったお礼に 皆さんに聴いて頂くようにと金沢先生が用意して下さいました。レッスン室での発表にはなりますが 先生とお母様方以外の前での演奏は初めてです。来週行う補講でも たくさん練習してみんなの気持ちが一つになる演奏にしたいですね。